ウクライナ東部 寄付金 特設サイト

今日まで被害を受け続けるハリコフのための支援に特化したサイトです

難民や避難者への支援ではなく、現地に残っている人たちへの直接の援助を行います


2022年7月末で一旦締め切ります

寄付のご報告

About

初めまして。

IZUMI IT COMPANYのチウィコワいづみと申します。

2018年より、ウクライナ東部のハリコフという街にてオフィスを構え、ウェブ制作を行ってまいりました。

今年に入って、特に変わった様子はなかったのですが、2月24日朝5時、爆発音で目が覚め、状況が一変してしまいました。

戦争が始まったのです・・・。

ウクライナと日本の架け橋となり、

本当に今必要な支援を、本当に今必要な場所にお届けしたいと思います。

 

IZUMI IT COMPANY公式HPはこちら 

https://www.izumi-it-company.com/

私のInstagramアカウントはこちら
 
3月末に日本へ一時帰国いたしました

2022年7月末で支援金を一旦締め切ります

【ご報告】

3月末に日本に一時帰国いたしました。

ハリコフ市内に残された人々への支援のため、一部、支援金を送金開始いたしました。

現地でボランティア活動されているキリルさん(本業フォトグラファー)と

オンラインでお話し、一般市民の方々への食料購入・配送などしてもらえるようお願いしました。

reasons

きっかけ

ウクライナでの状況が悪化した時、知人・友人から「援助したい」「寄付したい」と連絡を受けることが多くなりました。

自身で寄付先を探してみたものの、「政府に寄付金がいくもの」や「国境付近もしくは出国した避難民をサポートするもの」などが大半でした。

援助を必要としている現地の人に届けることはできないのか…

ここにいる私が今できることなのではないか…

そう考えてこの特設サイトを作りました。

What I can

私ができること

  • この街に15年住んでいることが強みです
  • 被害の多い地域を割り出し、援助するべき場所の優先順位をつけ、支援を進めてまいります
  • 終戦後の復旧支援はもちろん、現在残っている人たちのための支援も進めてまいります
01

美しいハリコフの街並み

02

ウクライナの子供たち (2021年12月撮影)

現時点では 以下のサポートを優先とみています。

 

・小さい子供と親へのサポート(ミルク・オムツ・離乳食)

・市民への食料配布

・一人きり老人への食料配達

・持病を持つ方への必須薬品の確保・配布(糖尿病など)

03

私自身が2020年に撮影。

04

2022年3月2日 インスタグラムより

05

2022年3月2日 インスタグラムより​

2022年7月末で支援金を一旦締め切ります

ご不明点・メッセージ等ございましたら、以下よりお問い合わせください。

全て今年3月にハリコフ市内で撮影されたものです。

ウクライナ
06

1日も早く平和が戻って欲しい・・・

07

地下シェルターにて(お友達のお写真です)

このサイトで使用されている
全ての画像の転用を禁止いたします